2017年09月28日

20代後半の派遣の貯蓄額




前回の流れで、お金の話です

私がきちんと貯蓄をしようと思ったきっかけは、父親が病気で倒れた時です
いきなりで、手術やら何やら大慌てだった数日が過ぎて、初めてお金の心配が頭をよぎりました…
我が家はご飯と年に1・2度の旅行は凝りますが、子供時代お金のかかる事はなかなか許して貰えなかったです…
家計の話もした事が無くて、ただ姉兄の学費の話で一時期大変だった事を空気感で察知していたので、父親の貯金や私の貧乏さ的に不安になりました
取り敢えず、父親の通帳を見させて貰うと…

ん?
何だか良い額が入っておるぞ?
運動部に入りたかったのに、試合で交通費がかさむのではと遠慮していた私の学生時代を返して、そして運動をさせて!
…とまぁパニくりましたがw、これだけお金を残しておいて貰って、入院費の為に働く!という状況にならずにホッとしました

同時に、「60代はこれ位貯めてるものなのか…」と、初めて人の通帳を見て、自分の通帳を見るのが切なかったですw
だいたい多い時で20万円位でしたね…
そこからお金の本を読んだり、平均貯蓄額等をネットで調べて、前回の様にお金の使い方をきちんと目標立てました
病気になっても大変だし、死んでもお葬式や遺品整理で迷惑をかける家族の事を考えると、その分のお金や手間賃を残しておかないとと思います…

現在の総資産額(約)は
メイン銀行60万
サブ銀行10万
大口貯金100万
定期貯金10万
楽天証券40万
SBI証券30万
という感じで、250万円位ですね(毎月10日頃に生活費を引出に行くので、今はその分多いですw)
株は約ですが、最近はこの位で安定しています(優待目当てなので、余程じゃないと売りませんがw)
旅行資金はカウントしていませんが、5~10万位は入れている様にしています
サブ銀行でクレジットの引き落としもあるので、±0という感じでしょう
あと、株の資金貯める通帳と積立投資もあるのですが、多分お互い10万位だと思っています

とあるサイトから数字を引用させて頂くと、
25~29歳の平均は約246.2万
30~34歳の平均は約354.8万との事です
平均ですもんね…
私は今は平均辺りにいますが、あと数年でもう少し貯めておきたいです
 大人気!お金との付き合い方セミナー!


貯蓄の効果的なやり方だと思っている事が、
「存在を忘れる事」です
①定期貯金に入れてしまう
②貯蓄用口座を別に作る
③机の引き出し奥にしまう
取り敢えず無いものとして、日々を暮らしていきます

①定期貯金に入れてしまう
基本的に決まった額(10万・100万)を銀行に預けるシステムです
1年、3年等色々あります
その間出そうと思っても面倒だし、何より負けた気になります
結婚、養育費等、目的に合わせて期間を決めると、良いと思います
各銀行でキャンペーンや初めての方は金利アップをしていたりと、調べてみると面白いです
ちょっと纏まったお金を貯めた方にお勧めです

②貯蓄用口座を作る
お給料が支払われた後、生活費とは別に貯蓄したい分をそこに入金します
実感を持つ為に自分で分けても良いし、面倒だという人は自動で振込む様に設定するのも良いです
また、会社や銀行で「積立貯金」というものを実施している所もあると思います
毎月決まった日に金額を勝手に引き出してくれて、いつの間にか貯まっていくズボラさんには有難いシステムです
積立貯金は私もした事があるのですが、メインバンクの普通預金の金利が積立貯金よりも良いという不可思議な事実に気が付き、貯蓄分を無視して引き出す事にしました(^^;)
手をつける自信がある方は、積立貯金をお勧めします
こちらも結婚・養育費には勿論、恐らく一度やると長い期間お世話になると思うので、老後やご両親の介護費用にも良いと思います

③机の引き出し奥にしまう
一番手軽ですが、一番引き出しやすいですw
でも、私は引出の箱の下に入れてそのままにしていて、数年忘れていた事もありました…
悪い点は2つ
・すぐに使ってしまえる環境にある
・金利がつかない
本当に物忘れが激しいけど間違って捨てない人と、絶対に使わない信念がある人と、いっそお金を毎夜数えたい人向けです
金利も、いくらひと昔前に比べて低いとはいえ、10円100円はやはり嬉しいです
それに、金は天下の回り物とも言います
預けたお金を銀行の方が融資をし、会社等に貸し出され、世を潤してくれる…と思うと、お金も本望だと思います

私が株を始めた理由に、池上彰さんの本を読んだからー…というのがあるのですが、
「株を買う事で社会と関われていると感じられる」という様な印象で受け止めた言葉があります(表現をきちんと覚えていなくてすみません…)
それに凄く感動して、半年株の勉強をして、社会勉強も兼ねて株を購入しました
株の話もまた出来ればと思います
面白いですが、リスクはあります

あと、貯蓄をするにあたって…というより何をするにしても大事ですが、
最初に2つ決めておくべき事があります
「何の為に」と「いくら貯める」かです
例えば老後までに2000万とか5000万とか色々言われますが、60歳過ぎて海外旅行や趣味を思い切り楽しむ人はしっかりいりますが、そこそこの所でそこそこの暮らしをしたいとなれば、1500万位でも良いんじゃ無いかと思います
年金、貰えたら良いですよね☆
結婚費用も、私は式の希望は無いですが、アルバムと新婚旅行につぎ込みたいと思っています
世間一般よりは安く収まりそうですし、取り敢えず100万をそのまま置いておこうという感じですね(1年はしないので、1年の定期に入れるのも良いですね)

自分がやりたい事を明確にしておいたり、こういう事は嫌だとイメージすると、だいたい予算を出せます
私みたいに超ざっくりでも良いですしね
「貯めとくけど、状況に応じて~」というスタンスです
貯金は出来ない!と思い込んでしまうと、自分への言い訳が上手くなってしまいます
私は早い段階で貯蓄の必要性を感じられたのですが、案外火傷してから本格的にやり始めて伸びる人もいますし
けれども、なるべく困った事にならない様にするのが貯金だと思います
面倒ですが、銀行の普通・積立・定期の金利を比べると面白かったりもします
そして、たった一度手続きすれば、後は勝手にしてくれるシステムまであります

派遣はボーナスも昇進も基本無いので、毎月毎月をきちんとしていく必要があります
それが出来るから派遣を続けているんだとまで言える様になりたいですね
ボーナスは本当に羨ましいです…
社員で雇って頂きたいです。
でも、「ボーナス無いねん」と正社員の友達から聞かされると、「派遣で良かった」と思いますw


posted by Ico at 22:41| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください